クールビズから始まった『スーツ離れ』の増加!ネクタイ外しても温度は下げない!?


スポンサーリンク

『スーツ離れ』、クールビズの論点とは?

社会人の『スーツ離れ』、紳士服チェーン店が大打撃を受けています。
クールビズの普及により、カジュアルな服装を認める企業が増え、社会人はスーツを買うことが少なくなってしまっているからです。

まだまだ、朝の通勤時などにはスーツを着用しているサラリーマンをよく見かけるが、都心に行くとポロシャツを着用しているサラリーマン風の人を見かけることも多くなってきました。

環境省が発表したクールビズ期間は『5月1日~9月30日』までとなっていますが、企業により延長も可とされています。
クールビズを推奨していることは全く問題ないのだが、まだまだ肌寒い5月の初旬にクールビズだ!と、ネクタイを外す企業も多い。
ただただジャケットを着たくない・ネクタイ外してボタンを外したい!

本来のクールビズの論点が変わってきている気がするのは私だけでしょうか・・・

クールビズ

2005年、クールビズは始まりました。
「夏場の軽装による冷房の節約」とし、環境省の主導のもとネクタイやジャケットをなるべく着用せず、28度の室温で過ごせる軽装を着用すること。

カッコいい・涼しいの意味で『COOL(クール)』
ビジネスの略として『BIZ(ビズ)』
これらを組み合わせ、クールビズと呼ばれるようになりました。

当時、始まったばかりのころは、ノーネクタイ・ノージャケットが許される程度のものでしたが、2011年に東京電力は「福島第一原子力発電所」で事故での影響により電力不足が問題になり、2012年には『スーパークールビズ』が始まりました。

・ノーネクタイ
・ノージャケット
・Tシャツ
・ポロシャツ
・チノパン
・スニーカー
そして、まさかのアロハシャツまでも・・・。

簡単に言えば、28度の室内で過ごせるなら、どんな服装でも構わない。
ということになります。

しかし、現状は28度の温度を守っている会社は少ないでしょう・・・。

私が2年前まで働いていたサービス業と、現在働いている事務所では同じく温度設定は24度前後。
正直、逆に寒いです・・・

クールビズだ!とネクタイは外すのに、誰も温度は守りません・・・

今後の社会

スーツでありながら、ビジネスバックや革靴ではなく「リュックサックとスニーカー」で通勤する人がとても多くなってきました。
これは、クールビズ関係なく夏でも冬でも同じです。

Googl検索で『スーツ リュック』で検索すれば”スーツに合うビジネスリュック!”みたいなタイトルで当たり前のファッションとして大量に検索が出てくる時代になりましたね。
スニーカーに関しては”スーツで着こなすおしゃれなスニーカー”なんて感じでしょうか?

ケータイショップなどサービス業は、ポロシャツを導入している店舗も多くなってきました。
もう、女性が首元にスカーフを巻く時代ではないのですね・・・。

ケータイショップで働く私の知人は「男性はネクタイを外して第1ボタンを外しているのに、女性だけスカーフを巻くのは納得いかない!」と怒っていたのを覚えていますが・・・確かにそのとおりです・・・。

今後ショップという名の店は、どんどんポロシャツに変わってくるでしょう。
企業によっては、1年中ネクタイをつけなくていいとされている企業もどんどん増えてきています。

スーツという概念が無くなれば、もはやクールビズという名は終わりを迎え、働きやすい服装での働き方改革に変わってくることになるでしょう。
スーツを取り扱う紳士服店は、新しい改革が必要になってきます。

着こなせるビジネスカジュアルであるのなら、ユニクロがあれば事足りてしまうのですから・・・。

まとめ

毎年、どんどん暑さが増す夏・・・
今年も劇的に暑い夏がやってくるので、1年中ノーネクタイで構わない!という企業以外は、クールビズは確かに必要な対策です。

働くうえで、働きやすい服装・失礼のない服装であれば構わないと思いますが、
社会人として働いてきた私にとっては、エアコンの効きすぎた室内は逆に地獄です。
暑がりな人が多いのか、エアコンの温度を上げてもすぐに24度に戻されてしまいます・・・。

クールビズとは本来どういったものなのか、今一度考えてもらう必要があるのではないでしょうか?
クーラーの効きすぎは体にも良くないですからね・・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする