ローソンから宅配が出来るウーバーイーツとは?日用品もケータイ一つで即宅配

スポンサーリンク

ウーバーイーツがローソンで開始!コンビニから宅配できる新しい時代

どんどん拡大しつつある「ウーバーイーツ」

ついにローソンが都内4店舗で実証実験が開始されました!

お弁当・お惣菜・日用品まで、全100品の商品を「ウーバーイーツ」を使って配達し、9月末までには13店舗まで拡大予定!

11月末まで実証実験をし、その後の展開を検討する方針です。

コンビニでの「ウーバーイーツ」導入は初めてのこと・・・

雨が降っているときや体調が悪い時に利用してもらいたい!としている。

現在ではまだ4店舗なので、自宅から・・・というよりは職場から利用することが多いかと思いますが、拡大すればコンビニにさえ行かない時代に・・・!?

「ウーバーイーツ」とは?

ウーバーテクノロジーズという配車サービスで有名なアメリカの会社です。

日本で「ウーバーイーツ」が開始されたのは2016年からとなり、多くの地域で展開されています。

配達可能地域は現在一部の地域となっています

【関東】東京・横浜・川崎・埼玉・千葉
【関西】京都・大阪・神戸
【中部】名古屋
【九州】福岡

※対象区域ではない場合は、「サービス提供エリア外」と出ます

レストラン等の飲食店と「ウーバーイーツに登録している配達員」がマッチングされ商品が届く仕組みとなっています。

・1品から注文可能となっていて、最低注文金額も無し!
・送料は260円~となっていて、場所により金額が変わる
・通常のデリバリーには無いお店がある
・雨の日で、外に出たくないときに便利

このように、通常の出前と変わらないようにも思えますが、魅力としては「最低注文金額が無し」と、「通常のデリバリーには無いお店がある」いうところではないでしょうか?

普通のデリバリーなら、最低注文金額1500円~・・・という規制がありますが、1人前だけ簡単に注文できるのは魅力ではないでしょうか?

注文する人

注文する人は、何も難しいことはありません。

「dデリバリー」、「楽天デリバリー」、「出前館」などのアプリと同様、「ウーバーイーツ」アプリを使って、近くにある店舗の一覧から好きな店舗を選んで注文するだけです。

利用者側は普通のデリバリーと、たいして変らないでしょう。

ただ、天候が悪い時には配達する人がいない場合もあるので、注文できない可能性もあります。

アプリのインストールはこちらから

飲食店

初期投資も少なく、デリバリーバイクや配達車を用意する必要が無いので、多くの飲食店が参入できるスタイルとなっています。

・スターバックス
・吉野家
・マクドナルド
・大戸屋
・丸亀製麺
・大阪王将

などなど・・・

地域によってですが、多くの有名な飲食店が加盟店として登録し、ウーバーイーツを利用しています。

配達する人

好きな時間に配達エリアへ行き、アプリを起動するだけで簡単に仕事を始められます。

地図に表示された店舗へ行き、到着したら注文番号を伝え商品を受け取ります。

配達開始をしたら、届け先が地図で表示されるので、届けて終わりです。

ウーバーイーツとは、個人事業みたいなものです。
・上司がいない
・好きな時間に好きなだけ働くことが出来る
・休みたいときは自由
・バイク・自転車・車、好きな乗り物で配達可能
・副業として最適

というメリットがあります。

しかし、時給ではなく歩合制なので、頑張った分だけ収入を得る仕組みとなり、交通事故は自己責任となります。

働いてみたい人はこちら

uber ドライバー登録(公式ページ)

まとめ

簡単に言えば、ただのデリバリーだが、注文する人・飲食店・働く人、全ての側にとって有益なことは間違いないでしょう。

休日、ダラダラしたいときに冷蔵庫に何も入ってなければ、ついデリバリーを頼んでしまうのはよくあることです。

しかし・・・「近くにある」が売りのコンビニが宅配まで始めたとなると、人が外に出なくなる・・・という将来も近いのだろうか・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする