冷凍で余ったお餅を5分でかんたん!サッパリ「お茶餅」極旨レシピ

スポンサーリンク

5分で出来るサッパリしたカンタン「お茶餅」レシピ!

お餅といえば、お正月ですね。

でも、お正月に余ってしまって、冷凍保存してそのまま・・・なんてご家庭もあるのではないでしょうか?

冷凍庫を整理してみると、これ何だったっけ・・・?なんて思う物体。

あぁ・・・餅だ・・・と思って、また冷凍庫に戻したり・・・。

お餅は、好きだけど、なかなか食べる機会もなく、少し作るのが面倒だし、ちょっと重い・・・って思いがちだったのですが、とある小料理屋で出会ったお餅が・・・

「お茶餅」です。

意外にあっさりとして、塩気もあって、とてお美味しいのです!

作り方も簡単で、少し小腹が空いたときや、飲んだ後の〆にもあっさりしていてピッタリなので、めちゃくちゃ簡単な「お茶餅」ご紹介します。

冷凍餅の解凍

お茶餅は、少し焦げ目がついていたほうが美味しいですが、面倒な方はどちらでも構いません。

二通りの解凍方法からご紹介します。

【レンジで解凍】

冷凍のまま耐熱皿に入れ、お餅が隠れるまで水を入れます。

600Wで3分ほどで柔らかいお餅の完成です。
※大きさにより微調整が必要

【フライパンで解凍】

フライパンに少量の油を入れます。

冷凍のままお餅を入れて蓋をします。

2分ほどで焦げ目がついてくるので、裏返して両面を焼いたら完成です。

時間と余裕がある時は、前日に冷凍餅を冷蔵庫へ移しておいてください。

無理やり解凍するよりも、自然解凍のほうが美味しいです。

その際は、オーブンでも、フライパンでも普通に焼くだけで大丈夫です。

お茶餅レシピ

上記でお餅の用意が出来たら、緑茶を用意します。

緑茶は何でもいいです。

・ティーパック
・粉末タイプ

など、お茶であれば何でもOKです。

器にお餅を入れて、熱々の緑茶を注ぎ、塩を一つまみサッとふりかけ・・・

出来上がりです!

塩は、自分のお好みの量で入れてください。

たったのこれだけで完成です。

お餅を用意する時間も含めれば、約5分で完成です。

まとめ

考えてみれば、お茶漬けだってお茶なのだから、米で作ってるお餅も合わないわけがないのですが・・・

小料理屋で〆としてサッと出されたお茶餅にとても感動してしまいました。

塩しか使ってないという、シンプルさにも驚きです。

餅ピザ・きなこ餅・磯辺焼き・おしるこ・・・など、多くの餅レシピがありますが、やはり少し重いと感じる餅料理。

このお茶餅は、一番あっさりしていて、とても食べやすいです。

簡単にあっさりしたものを食べたいときにはお勧めなので、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする