寿司ネタ、鮭ではなくサーモン!?サーモンだけ英語で呼ぶ理由

スポンサーリンク

鮭とサーモン、同じものなのに明確な違いがある!

鮭とサーモン

同じもののはずなのに、なぜ呼び方が違うのか?

お寿司屋さんでは、マグロ・イカ・エビ・アナゴ・ホタテ・・・と、日本語での寿司の名前でありながら、鮭ではなくサーモン・・・

普通なら鮭と呼ばれてもいいのに、なぜ鮭だけお寿司屋さんでは英語でサーモンなのか・・・!?

「この差って何」で紹介されていた、鮭とサーモンの違いをご紹介します。

「鮭」

鮭は生では食べられない!という明確な違いがあります。

天然物で、オキアミなどをエサとして食べる鮭は、「アニサキス」という幼虫が鮭の中にあるので、生で食べると食中毒などの危険性があります。

アニサキスとは寄生虫の一種であり、アジ・サバ・タラ・イワシ・イカ、そして鮭などの魚介類に寄生しています。

生で食べることで、人間の腸にアニサキスが侵入し、激しい腹痛と吐き気などの症状が現れます。

必ず、火を通さなければいけないのが天然物の鮭です。

サーモン

サーモンは生で食べることが出来ます。

養殖で育てられ、植物性たんぱく質などがエサとなるので、アニサキスなどの菌や幼虫が入り込むことが無く、無害です。

養殖とは水産生物を養殖場という狭い水域で、人工的に飼育することです。

魚の粉や穀類から作られた固形のエサなどを食べ、計画的に育てられます。

魚の健康状態や、成長・餌の管理や検査を行うため、菌や幼虫が侵入することがありません。

サーモンの由来

そもそも、日本ではサーモンは存在しなく、天然の鮭しかありませんでした。

では、なぜ生で食べられるサーモンが存在しているのか?

1970年代から、ノルウェーでは生食でも食べられる、養殖の鮭を作り出していていました。

1986年に、養殖した鮭を日本に持ち込んだら売れるかも!?と考え、日本に持ち込む計画を立てました。

そこで目を付けたのが、回転寿司屋です!

日本の回転寿司屋で鮭寿司として、売り込みを始めたのです。

しかし、鮭では菌や幼虫の危険性を感じさせる心配があったため、鮭をサーモンに名前を変えたのです

ノルウェーは国を挙げてサーモンを売り込み、当時の首相までもがサーモンの魅力を伝える為、日本の回転寿司屋でアピールをしたのです。

こうしてサーモンは日本の回転寿司屋で繁盛し、「好きな寿司ネタ、8年連続1位」を誇る不動の人気を得たのです!

日本全国のサーモン

サーモンと言っても、種類は様々です。

今や日本ではサーモン養殖地で80種類以上のご当地サーモンが存在しています。

同じように見えて、味は食べ比べると全く違うサーモンが作り出されています。

「びわサーモン」

琵琶湖にしか存在しない、琵琶湖限定サーモン!

「宇和島みかんサーモン」

養殖で、エサの中にミカンのエキスを入れ、サーモン自体にミカンの味を染み込ませたサーモンです!

人気の回転寿司屋「くら寿司」では、くら寿司限定で「宇和島みかんサーモン」寿司ネタとして提供されています。

今や日本では色々なサーモンが存在しているのです!

まとめ

鮭とサーモンの違いなんて、今まで考えたこともなかったですね・・・。

単純に焼いているものが鮭だという感覚は分かりますが、確かに寿司屋では唯一の英語名でサーモン・・・。

養殖で作るということが、どんなにすごい事なのか改めて分かったような気がします。

サーモンは、寿司ネタには欠かせない大きな存在ですからね。

生魚を買うときの間違った知識!新鮮・脂は見た目ですぐに分かる
...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする