「餅と団子」丸いから呼び方が違うわけじゃない!原料の状態に秘密がある

スポンサーリンク

「餅」と「団子」名前の由来は、作り方に大きな違い

和菓子屋さんに行くと、色んな種類の「餅」や「団子」があります。

この「餅」「団子」って、どんな差があるかご存知ですか?

ただ単に、丸めたものが団子・・・ってことではありません。

このブログでは、「餅」と「団子」の違いについてご紹介します。

この内容は、「この差って何★」で紹介されていた内容です。

「餅」と「団子」の違い

そもそも、餅には形に定義があるわけではありません。

・大福
・かしわ

・みたらし団子
・月見団子

これらの違いは何なのでしょうか!?

団子と呼ばれるものって、丸いイメージですよね。

丸いものが「団子」というのは、間違いではないですが、正解でもありません。

餅と団子に使われているのは、「もち米」・「うるち米」です。

材料も全て同じでありながら、作り方に大きな違いがある為、「餅」と「団子」は別々の名前で呼ばれています。

原料が「粒」なのか、「粉」なのか。

ということが大きな違いになります。

「餅」

①もち米を洗う

②蒸し器に入れて蒸す

③杵で餅をつく

この工程で、餅が完成します。

米粒の状態から作られたのが、「餅」です。

縄文時代の後期に餅は誕生しました。

本来はもち米を粒の状態から作ることを「餅」としていましたが、現在ではうるち米を粒の状態から作ることもあり、代表的な食べ物は「五平餅」です。

五平餅はうるち米をのまま蒸して、お餅にして作られることから、「五平」と呼ばれています。

「団子」

①うるち米をミキサーにかけて粉にします

②粉に水または、ぬるま湯を入れて、コネて丸めます

蒸すか、茹でるかしたら団子の完成です。

の状態から作られたのが「団子」です。

平安時代に団子は誕生しました。

団子は、うるち米を粉にしてから作ることを「団子」としていましたが、現在ではもち米を粉の状態にして作ることもあり、代表的な食べ物は「白玉団子」です。

白玉団子はもち米をにして、団子として作られることから「白玉団子」、と呼ばれています。

粉をまとめたもの ⇒ 団粉 ⇒ 団子

と、呼ばれるようになったのです。

まとめ

うるち米やら、もち米やら・・・

粒やら、粉やら・・・

なんだかゴチャゴチャになってしまいますが、確かに作り方には大きな違いがありますね。

丸めたものが「団子」というのは、間違いではないと思うのですが・・・

米粒から作られたものが ⇒ 「餅」

米粒を粉にして作られたものが ⇒ 「団子」

という、明確な理由がありました。

まあ、食べる分には、その違いはまったく気にしませんが、もし万が一聞かれることがあったら、役に立つ日が来るかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする