だだちゃ豆は枝豆の王様!絶対美味しい豆ご飯レシピとお取り寄せご紹介

スポンサーリンク

9/19ケンミンSHOW 枝豆の王様「だだちゃ豆」

山形のブランド豆「だだちゃ豆」

夏を感じるのも、夏の終わりを感じるのも「だだちゃ豆」

山形の鶴岡市で作られている「だだちゃ豆」はシーズンが短く、希少でありちょっと高級です。

今回は、秘密のケンミンSHOWで紹介されていた、枝豆の王様「だだちゃ豆」をご紹介します。

だだちゃ豆の特徴

☟(左が普通の枝豆・右がだだちゃ豆)☟

写真のように、一般的な枝豆よりも小ぶりです。

☟(左が普通の枝豆・右がだだちゃ豆)☟

写真で見ると、通常のより実が大きいのが分かります。

実がプリッとしていて、トウモロコシのような甘みと旨味が豆の中に凝縮されてます。

普通の枝豆も美味しいですが、普通の豆よりしっかりとした歯ごたえを感じられます。

だだちゃ豆を食べてしまったら、普通の枝豆には戻れないかもしれません・・・

だだちゃ豆の時期

枝豆と言えば、夏!

というイメージですが・・・

普通の枝豆は5月頃~10月頃までがシーズンですが、だだちゃ豆のシーズンは7月後半~9月初旬頃までです。

だだちゃ豆は「茶豆」の一種です。

他の場所に持って行って、だだちゃ豆の種を植えて作ったとしても、同じ味にはならないそうです。

鶴岡市の土壌・気候などが、だだちゃ豆の生育に適しているそうです。

とても短い期間しかない為、鶴岡市の住民は、とにかくシーズン中は食べて食べまくるそうです・・・。

だだちゃ豆の名前の由来

「だだちゃ」とは「お父さん」という意味です。

1800年代

庄内藩のお殿様が「今日はどこのだだちゃ(お父さん)が作った枝豆か?」

と、聞いていたそうです。

だだちゃ豆のお取り寄せ

そこら辺では簡単に手に入らない「だだちゃ豆」はお取り寄せが一番です。

普段、居酒屋で食べているものとは比べ物にならないでしょう・・・!

だだちゃ豆ごはんレシピ

普通に食べても、とっても美味しいだだちゃ豆ですが、料理に加えても最高の豆です。

【だだちゃ豆ごはん】ご飯3合レシピ

①ただだちゃ豆をサヤから剥く(薄皮が残ると良い)

②薄皮付きの豆のまま炊飯器のご飯の上に乗せる

③下記の調味料と水を炊飯器のメモリに合わせて炊く

・ダシ醤油…大さじ3
・酒…………大さじ1
・塩…………小1/2

だだちゃ豆からもいいダシが出るので、そんなに味付けをしなくても大丈夫です。

だだちゃ豆味噌汁もあり、具としてサヤ付きのまま入れて味噌汁を作るだけです。

枝豆ご飯とかは、よく聞きますが、味噌汁はあまり聞かないですね・・・

でもとても美味しいみたいです!!

まとめ

枝豆の王様と言われるブランド枝豆「だだちゃ豆」の味は、本当に濃厚!!

初めて食べたら驚く旨さです!

近場では、簡単に食べられないので、気になる方はお取り寄せして食べてみてください。

弾力性があり一度食べたら、止まりません・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする