今後のドコモ、新プランとサービスで巻き返しができるのか!?

スポンサーリンク

ドコモの新料金プランとは!?

6月1日から始まったドコモの新料金プラン
端末代金とプランを分離した新しいサービスは、世間にどんな印象をもたれているのだろうか!?



新料金プランが始まるまでの5月下旬
ドコモショップは大混雑を引き起こした。

開店1時間前から並ぶ人たち
開店から途切れることなく、あふれる人・・・

2時間待ちは3時間待ちに変わり、今日中に受付できるのか分からないほどの混雑だ。
また、月末は土日だったため、家族連れも多かった。
今、機種を買っておかないと損をするかも!?
おそらく、そんな感じで来店する人が多かったのだろう。

本体の不具合で来店した人や、付属品だけを買おうと来店した人たちは、とんだとばっちりだっただろう・・・
本来、付属品購入だけであればそこまで待つことは無いが、月末に関しては30分~1時間待つ人もいたかもしれない・・・。

とあるドコモショップは、7時閉店のショップのはずなのに、完全に応対が終了し店を閉めたのは23時過ぎだったという。

なんにせよ、4月15日から発表していた新料金プラン、月末に来客が集中するのはスタッフ泣かせだろう・・・。

分割回数36回払いと新たなサービス

新しいプランに変わり各割引もすべて終了!
・月々サポート
プランと端末をセットにし、端末代金を割り引くサービス

・端末購入サポート
1年間継続して同じ機種を使う条件として、最初に端末代金を値引くサポート

・docomo With
同じ機種を使い続けてる限り、1500円の割引がずっと続くサポート

このようなサービスがなくなると、本来の本体代金に戻り、8万円~11万円くらいの本体価格になってくる。
そこで新しく出たのが分割36回払い

今までの12回/24回からさらに増えて36回・・・
そこで新たなサービスとして、『スマホおかえしプログラム』が始まった。

2年間使った後、機種変更をすれば残りの意年間の割賦代金は面免除になるサービスとなっている。

簡単に言うと、90,000円で買った本体代金を36回払いにして、2年後に機種変更すれば30,000円が免除になるということだ。

しかし問題なのは機種購入時にこのプログラムに加入していることが条件で、
・新たな機種変更と同時に現在の本体を返却
水濡れ・破損・画面割れ・データ初期化できる端末のみ適用

・36回払いで購入してないと適用不可
一括購入や、24回払いは適用ならず。割賦審査に引っかかって分割できない人もNG。

対応機種や条件など細かくある為、確認しておいたほうがいいだろう。

スマホおかえしプログラム | キャンペーン・特典 | NTTドコモ
ご加入のお客さまが36回の分割払いで購入された対象機種を返却すると、その翌々月請求分以降の分割支払金(最大12回分)のお支払いが不要となります。

(NTTドコモホームページ参照)

6月に入り、ドコモショップの来客は確実に減っている。
本体を購入する人は激減しただろう。

2年後に機種変更する予定もないし、何より使ってる本体を返すということはその場でデータを消してしまって大丈夫なのか!?という心配もあるだろう。

やり方が分かっていて事前にバックアップをとって機種変更しに来る人は、実際にはほとんどいない。

ドコモショップの待ち時間が長いと問題視されてる中で、データ移行をしながらは時間やデータ消失リスクも伴うだろう。

タップ一つで、電話帳・写真・音楽はもちろん、LINEやアプリなども含めた本体丸ごと一括バックアップが出来ればいいのだが、まだまだ先は遠そうだ・・・。

おまけ

気になる新料金プラン、一度シュミレーションしてみたほうがいいかもしれない。高くなる人もいれば、当然安くなる人もいるはずだ。
気になる方は、こちらでシュミレーションを試してみてください。
https://www.nttdocomo.co.jp/charge/simulation/
(NTTドコモホームページ参照)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする