「宇和島鯛めし」知らなかった!死ぬほど旨い贅沢な卵かけごはん

スポンサーリンク

「宇和島鯛めし」食べなきゃ損!簡単レシピとお取り寄せ

鯛めしといえば鯛とお米を一緒に炊き込むイメージですが、愛知県宇和島の鯛めしは、まったく違います。

お刺身定食のような・・・

贅沢な卵かけごはんです!!

火を通すことなく、生の鯛を調味料・出汁・卵に絡めて熱々のご飯にかけて食べる宇和島鯛めしは、絶品です!

10月10日に放送されたケンミンショー!宇和島鯛めしをご紹介します。

宇和島鯛めしとは

こんな定食のような鯛めしです。

おひつに入ったご飯が、もう美味しそうな雰囲気を出してます!

・まずダシ醤油に入った卵を溶きます

・鯛と薬味を、溶いた卵に豪快に入れます

・ご飯に鯛をのせて、卵を溶いたダシ醤油を好きなだけご飯にかけます

もうこれで、うまいのは間違いないです!

直前に卵とダシ醤油に鯛を漬けることで、身がプリプリした鯛めしを味わうことが出来ます。

あらかじめ鯛を漬けておくと身が柔らかくなってしまうので、定食のようなスタイルになっています。

宇和島の鯛めし老舗店舗は「かどや」です。

もし、愛媛に寄った際は、行ってみてはいかがでしょうか

かどや(公式ページ)

宇和島鯛めし・レシピ&お取り寄せ

宇和島鯛めしは、家庭で普通に作れるお手軽な料理。

家庭ごとに味が違うのも魅力ですね。

【材料】

・鯛の切り身(お好み)

・卵

・海藻(赤とさか・青とさか)

・白ごま

この海藻が鯛めしと相性がピッタリですが、無ければ大葉とかでも大丈夫です。

【だし汁】

・濃い目のかつおだし:50㏄

・濃い口しょうゆ:大2

・酒:大1

・みりん:大1

合わせただし汁の中に卵を落として完成です。

簡単に出来ますが、だし汁はめんつゆでも応用できます。

やはり、もっと簡単にお取り寄せしたい!

という方は、参考にどうぞ


宇和島鯛めし(秀長水産)【愛媛・宇和島・宇和海・手造り・たれ・お取り寄せ・ギフト・送料無料】

鯛めしの歴史

平安時代、日振島を拠点としていた伊予水軍が考案したと言われています。

つまり、海賊です。

船の上で宴会のシメに、酒を飲んでた茶碗にごはんをついで、醤油含ませた鯛をのせて豪快に食べていたという話があります。

また、愛媛の宇和海は、太平洋から黒潮が流れ込むため栄養素やミネラルが豊富です。

愛媛県の宇和海は養殖場に適しているため、鯛の養殖が盛んに行われています。

そういった歴史と環境が今でも定着しています。

養殖の鯛は天然の真鯛と変わらない新鮮でプリプリした食感で、高級ではないので家庭で身近なものとなっています。

まとめ

これはもう美味しいのはあたりまえの料理です!

鯛さえ用意できれば、ダシ醤油を作るだけなので、いつでも家庭で楽しむことが出来ます。

お取り寄せは、クール便で注文してから1週間くらいかかるとのことです。

今すぐ食べたいのに、ちょっと待ちきれないですね・・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする