昆布は海の中で生きていた!旨味成分グルタミン酸が出汁に変わる理由

スポンサーリンク

昆布は海の中で美味しい出汁が出ているのか!?

美味しいダシが出る昆布

ダシを取ったり、昆布で締めたり、おでんや佃煮、昆布巻きなど、様々な料理に愛用されています。

その昆布が、海の中ではどうしているのでしょうか?

海の中でもダシを出し続けているのでしょうか?

昆布の仕組み

率直に言うと、昆布は海の中ではダシが出ません。

料理で使うとき、昆布は水にさらすだけで美味しいダシが出るのに、なぜ海の中では出ていないのか?

それは、昆布が海の中で生きているからです。

昆布の旨味成分、グルタミン酸などのアミノ酸は細胞の中にあります。

それは、昆布が生きていく上でとても大切な成分です。

生きている間は、その成分は昆布の体内に閉じ込められいます。

乾燥させたり、熱湯に入れることで細胞壁が壊れ昆布が死ぬので、美味しいダシが出るようになります。

昆布の旨味成分グルタミン酸

昆布の旨味成分と言われるグルタミン酸は、料理に使うと美味しなります。

どんな料理にも、もうひと味を追加する「味の素」の成分もグルタミン酸です。

そもそも味には4基本味に分類されています。

・甘味

・苦味

・酸味

・塩味

そして、第5番目の味として世界的に認識されているのが「旨味」です。

グルタミン酸の効果

グルタミン酸は料理を美味しくさせるだけではなく、健康面にもいいと言われています。

グルタミン酸を摂取すると脳にエネルギーが行き、脳が活発になります。

脳にエネルギーが行くことで集中力や記憶力の向上につながります。

また、疲労回復・利尿効果・肥満予防効果にも効果があると言われています。

「テツandトモ」で昆布の謎を歌っていた

数年前に「なんでだろう~なんでだろう~」でブームを巻き起こしたテツandトモの曲の中に、昆布について歌われている歌詞がありました。

当時は何気なく聞いていたような気がしますが、言われてみたら「なんでだろう・・・」と気になってきます。

「コンブが海の中で、出汁が出ないの、なんでだろう」

と、歌っています。

当時は気づくことが出来ませんでしたね・・・。

この様々な「なんでだろう」の解説が絵本になって出版されているようです。

昆布の謎も、その他気になる謎も絵本で解説しているということは、私たちより子供たちのほうが物知りなのかもしれません・・・。

気になる方は

まとめ

海藻と言えど、やはり海の中では生きていて、旨味成分を閉じ込めていたんですね・・・

冬も近づき、そろそろおでんの季節が近づいてきますが、おでんの昆布も美味しいですよね。

昆布について、種類と使い分けを紹介している記事もありますので、参考にどうぞ

「黒とろ」が旨い!昆布のレシピ・種類と使い分けをご紹介
...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする