菌ツマ簡単レシピ・きのこのピクルスが絶品!おつまみや常備菜に最適

スポンサーリンク

新説!所JAPANで紹介された「菌ツマ」超カンタンレシピ!

最近何かと話題になっている「菌ツマ」

菌ツマとは、きのこのおつまみという意味です。

長野県では、きのこ類の総生産量1位の県であり、瓶詰でよく見かけるなめ茸も長野県が生んだ名品です。

長野県には、珍しいきのこがたくさんあり、普通に道端で生えている「ハタケシメジ」や、マツタケよりも香り高く貴重な「ウスヒラタケ」など種類が豊富です。

珍しいきのこは入手できないので、今回は新説!所JAPANで放送されていた、普通のきのこで出来る簡単菌ツマレシピをご紹介します。

「きのこピクルス」

おつまみや常備菜として、瓶詰にして保管しておくととても助かる一品です。

簡単で、更に美味しく、お酒のおつまみにピッタリです。

【材料】

◆シメジ・エリンギ・シイタケ・エノキ(お好みのきのこ)

◆調味酢

【作り方】

・キノコをレンジで4分温める

・レンジから出し、きのこを調味酢で和える

・1日、冷蔵庫で保存

これだけで完成です。

レンジで温めたきのこの旨味が酢と絡み、酸味が飛ぶので食べやすい一品です。

「きのこのピクルスと鶏肉炒め」

上記の「きのこピクルス」が完成したら、鶏肉と炒めるだけで、もう一品の絶品簡単レシピが出来ます。

【材料】

◆きのこピクルス

◆鶏もも肉

◆醤油

【作り方】

・鶏もも肉を炒め焼目がついたら、きのこピクルスをのせる

・蓋をして、4分蒸し焼きにする

・醤油で味を調え、全体に染み込ませる

味付けは醤油だけでしっかり味がつき、シンプルに完成です。

炒めるだけでピクルスの酸味がまろやかになり絶品です。

「エノキの梅肉和え」

サッパリとお新香みたいに食べられる簡単菌ツマです。

【材料】

◆エノキ

◆梅干し

◆キュウリ

【作り方】

・梅をみじん切り/キュウリを半月切りにして混ぜ合わせる

・エリンギを5cm幅に切り、サッと茹でる

・茹でたエノキを梅・キュウリと混ぜ合わせる

完成です。

これも、サッと簡単に出せるおつまみで、エノキのシャキシャキ感がたまらない一品です。

まとめ

こんなに簡単に出来るきのこのおつまみですが、昔はシイタケですら高級品と言われていた時代がありました。

きのこの人工栽培が始まったのは江戸時代・・・

それ以前は、自然に生えるきのこのみだったので、今のように豊富に手に入る安易なものでは無かったのです。

豊臣秀吉は大のシイタケ好きと言われていています。

偉い人の料理に出てくるシイタケは、本当に貴重な食べ物だったそうです。

今は、どこでも簡単に手に入るきのこです。

当時、貴重だったきのこで美味しい菌ツマを作って、お酒を楽しみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする