サッポロ一番発祥の地、群馬県の進化系ラーメン!独自の旨さがここにある

スポンサーリンク

ケンミンショー!群馬県、隠れた独自の進化ラーメン

群馬県は、サッポロ一番やペヤングの発祥の地。

群馬はラーメン屋さんが多く、オリジナルティ溢れる独自のラーメンが多いのが特徴です。

焼肉屋では、焼肉をおかずにラーメンを食べるのは、当たり前。

ケンミンショーで放送していた、濃厚で味が濃いものが大好きな群馬県のラーメンをご紹介します。

高崎市 「だるま大使」

群馬県・高崎市にある「だるま大使」のラーメンは、豚骨です。

硬めの細麺で作られただるまラーメンは、博多とんこつラーメンと何が違うのか!?

博多とんこつラーメンは意外とあっさりしているのが特徴ですが、だるま大使のラーメンは最強のこってりラーメンです。

ラーメンのスープっぽくないドロッとしたスープ

豚をそのまま入れたのではないか!?と思うくらい、ドロドロのスープが麺と絡み合います。

博多ラーメンの濃度は9.8%に対し、だるまラーメンの濃度は14.7%と、最強のこってり濃度のラーメンです。

普通の豚骨ラーメンは豚の足や背ガラを使うのが一般的ですが、だるまラーメンの豚骨は「豚の頭」100%使用します。

だるまラーメンは1993年に誕生。

先代主人が、他にはないラーメンを作ろうと、独学で開発し、豚の頭のみを使用した濃度の高いラーメンを作り出しました。

24時間煮込んだ豚の頭のとんこつに、醤油ダレ・背脂を混ぜ、ゲンコツ・背ガラでは出ないドロッとした超濃厚スープが出来上がります。

トッピングの煮卵はダルマの形で作られた、ちょっとした工夫もされています。

藤岡市 「みやご食堂」

群馬県・藤岡市にある「みやご食堂」は普通の食堂です。

カレーライスや親子丼など、普通の食堂らしいメニューもありますが、お客さんが注文するのは「中華そば」。

食堂でありながら、1時間かけて手打ちされた麺は噛み応えのあるうどんのような食感。

極太の手打ちちぢれ麺に、濃い目の醤油味がしっかり絡みます。

みどり市 「らーめん いずみ」

群馬県・みどり市にある「らーめん いずみ」のラーメンは、驚きのトッピングです。

好きなものと好きなものを合わせた豪快なラーメン!

あっさりとした醤油ベースのラーメンに、揚げたてのから揚げを豪快にトッピング!

最初はサクッとしたから揚げの食感が、だんだんスープに浸されて衣がトロッとしてくる食感も最高です。

ジューシーなから揚げの脂が醤油ラーメンに溶けだしたスープもまた絶品です。

まとめ

群馬には、ラーメンという感じはしないのですが、意外と隠れたラーメン県。

やっぱり何といっても、「だるま大使」のラーメンを食べてみたですね。

つねに大行列で、食べるのに1時間待ちは当たり前だそうです。

群馬に行ったからと言って、簡単には食べられそうもないです・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする