サザエさんのテーマソングに出てくる「どら猫」とは!?始まりは江戸時代から

スポンサーリンク

のら猫・どら猫・どら息子の違いと由来とは!?

サザエさんのテーマソングに流れている歌詞

「お魚くわえたどら猫♪追いかけ~て~♪」

なんて歌ですが、この歌詞に出てくる「どら猫」って??

のら猫なら意味は分かるのですが、どら猫はのら猫とは違うのでしょうか?

普段、何気なく聞いているテーマソングですが、のら猫とどら猫の違いについてご紹介します。

のら猫

道を歩いていて、野良犬はほとんど見かけることは無くなりましたが、猫はまだまだたくさん見かけますよね。

猫好きなら、ついつい触りたくなっちゃいますが、たいていは逃げていくので触ることもあまりできませんね・・・。

のら猫とは!?

飼い主がいなくて、住処が定まっていない猫のことです。

のら猫の語源は「のらりくらりしている猫」から、呼ばれています。

どら猫

では、どら猫とはいったい何なのか!?

名前からして、住処が定まっている猫とは言えない感じですが・・・

どら猫とは!?

のら猫が盗みをすると、どら猫に名前が変わります。

どら猫とは、江戸時代から使われている言葉です。

普通に歩いていたり、寝ていたりする時は「のら猫」。

釣りなどで、バケツに入っている魚をシャッ!!と手で盗んだ瞬間から「どら猫」に変化してしまいます。

「どら」とは「銅鑼」のことです。

どら息子という言葉がありますが、この名前からどら猫という名前も付けられました。

どら息子とは!?

怠け者で働きもせず、親のスネをかじっている子供のことです。

働かず親の金を尽きさせてしまう

お金が尽きる

鐘を突く

銅鑼を突く

こうした語源から、どら息子と呼ばれるようになりました。

のら猫も同様、盗んで人の利益を尽きさせることから、「どら猫」と呼ばれるようになりました。

普段、何気なく聞いているサザエさんのテーマソングの「どら猫」には、ちゃんと意味があったんですね。

まとめ

「どら」の語源、「銅鑼」から、こんな言葉が生まれていたとは驚きですね・・・。

何かを盗られても、どら猫にやられた!!なんて言うことはありませんが、違いを知っていても損はありません。

瀬戸内海の海上に位置する愛媛県にある青島は「猫島」とも呼ばれ、100匹以上ののら猫が住み着いています。

島民の数が減っていく中、猫だけがどんどん増えていく島で、猫好きにはたまらない島です。

青島港など、釣りスポットも多い場所では、のら猫ではなく、どら猫がたくさん出没しているかもしれませんね。

青島で釣りをする際は、どら猫に遭遇するのも楽しみの一つかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする