かかと落としで骨ホルモンを活性化!足の骨から起こる腰痛や肩こりを改善

スポンサーリンク

全身の健康を左右する距骨とは!?仕組みと改善方法

体のバランスに重要な距骨(きょこつ)という骨があります。

距骨は誰もが傾いていると言われ、距骨の傾きによって、様々な身体の異変が起きてしまう重要な骨です。

距骨の傾きによって起こりうる症状は、めまい・頭痛・むくみ・肩こり・便秘・ひざ痛・睡眠障害など、多くの体の異変を生み出してしまいます。

距骨の傾きタイプで起こる症状と、それを改善する方法は何なのかをご紹介します。

距骨とは

距骨とは、地面につく足と、足首より上にある骨の間にある小さな骨です。

とても小さい骨ですが、全身のバランスを取る大事な骨であり、全身の健康を左右してしまう骨です。

距骨は全体を支える重要な骨で、着地・蹴りの時に小さな距骨が滑らかな動きにしてくれているので、距骨が無いとロボットみたいな動きになってしまいます。

距骨は体重がかかって動く為、とても負担が大きい骨です。

バランスを取ろうと、上の体に負担がかかり、痛みやコリにつながりますが、誰もが少なからず傾いています。

距骨の傾きタイプ

距骨の傾きによって背骨が緊張する為、それに伴い自律神経に影響が出てきます。

吐き気・便秘・むくみ・めまい・うつ・睡眠障害になってしまう可能性がある距骨の傾きには、2種類のタイプがあり、タイプによって症状が異なります。

その種類は、フロントタイプとバックタイプに分かれます。

フロントタイプ

体の重心がつま先の方に寄っているタイプで、自然と体重が前の方に移動してしまい、倒れないように後ろ側に緊張が走ります。

無意識に骨盤が後ろにいきます。

【フロントタイプに出やすい症状】

肩こり・腰痛・太ももの痛み・ふくらはぎの痛み・アキレス腱の痛み・足裏の痛み

バックタイプ

体の重心がかかとの方に寄っているタイプで、体重は後ろの方に寄っているため、前に緊張が走ります。

前をかばうように、骨盤が前の方にいきます。

【バックタイプに出やすい症状】

肩こり・五十肩・股関節の痛み・ひざの痛み・スネの痛みと凝り

このように、体の重心がどっちに傾いているかで、症状が変わります。

距骨の傾き 3つの簡単チェック

①つま先を正面に向け、肩幅に開いて立ち、そのまましゃがむ

かかとがついたまま、しゃがめるかがポイントなります。

かかとが付く ⇒ バックタイプ
かかとが付かない ⇒ フロントタイプ

②正座をしたときに、つま先が重ねられるか

重なる ⇒ バックタイプ
重ならない ⇒ フロントタイプ

③座って物を書く時の姿勢

背筋が伸び、頭だけが下がる ⇒ バックタイプ
みぞおちが凹んで背中が丸くなる ⇒ フロントタイプ

この3つのうち、2つ以上当てはまる方が、自分のタイプになります。

距骨の傾き 改善エクササイズ

①手を使って、隣り合う足指を引き離して戻す作業を各指の間を5回ずつ

※痛気持ちいいくらい広げます

②人差し指と薬指・親指と小指を同じように広げる作業を5回ずつ

③くるぶしの下を指で固定し、足首を左右へ10回ずつ回転させる

※回しづらい方向は、さらに10回転

④かかとを手のひらで包み込み、手の力で左右に10往復動かす

距骨の傾きは、1日ずつリセットすることが大切です。

5分で出来るので、湯舟の中などでやると、ほぐれやすく効果的です。

かかと落とし

かかと落としとは、足を肩幅に広げて立ち、指先は地に着いたまま、かかとを上げてそのままストンと落ちる動作です。

かかと落としの効果は、医学界も注目している優れたエクササイズです。

骨に衝撃を与えると、骨を作る骨芽細胞が活性化し、骨粗しょう症の予防にもなります。

かかと落としは、体重以上の負担が骨にかかる為、効率良く骨芽細胞を活性化させてくれます。

骨芽細胞が活性化すると、骨ホルモン(オステオカルシン)をたくさん作ってくれます。

これによって、どんな効果が発揮できるのか!?

1つ目は高血糖予防です

血糖値を下げるインスリンの分泌を促し、食後の血糖値上昇を穏やかにしてくれます。

2つ目は動脈硬化予防です。

血管をしなやかにする物質の分泌を促すので、動脈硬化の予防につながります。

さらに、認知症予防・肥満予防・肝機能UP・加齢による筋肉の衰え防止

などなど、多くの効果をもたらしてくれる、まさに、万能ホルモンです。

骨に衝撃を与えるだけで、こんなにもたくさんの効果が発揮できるのに、やることは簡単な「かかと落とし」だけです。

1日30回を目安に、毎日続けることが効果的です。

※ひざの痛みがある人は、椅子に座りながらでも大丈夫です。

まとめ

日々の生活でいつも腰が痛い、肩が痛い、ひざが痛い・・・などの症状は距骨の傾きが原因かもしれません。

まずは、自分がフロントタイプかバックタイプかを明確にして、エクササイズをやることが大切です。

歩くたびに必ず使われる距骨は、誰もが必ず傾いています。

1日の終わりにリセットして、また明日も頑張りましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする