シソ(大葉)の効果効能がすごい!健康・美肌になれる万能ソースレシピ

スポンサーリンク

シソの健康効果・効能

シソは健康にいいことから、「紫蘇」漢方名で「そよう」とも呼ばれています。

シソには様々な効能があり、健康や美肌にとても効果がある食べ物です。

料理の飾りつけなどに一緒に出されることが多い、脇役のような存在ですが、主役になれる存在なんです。

●食欲増進・整腸効果

シソの葉の裏側には、匂いカプセルがあり、手のひらで叩くとシソの香りがパーッと広がります。

これは「ぺリルアルデヒド」という物質であり、この匂いが嗅覚神経を刺激し、胃液の分泌を促してくれます。

胃液が出ることで腸内が活性化し、整腸効果が期待できます。

●認知症予防効果

アルツハイマー型認知症は、脳内に「アミロイドβ」という物質が溜まることで発生します。

脳に炎症が起き、認知機能が低下してしまうのを、シソに含まれる「ロスマリン酸」が働き、アミロイドβの蓄積を制御してくれます。

●美肌効果

シソには「βカロテン」が豊富で、その量はニンジンよりも多く含まれています。

肌は紫外線などで刺激を受けると、肌細胞を攻撃する活性酸素が発生し、老化が進んでいきます。

βカロテンは、その活性酸素を撃破し、肌の正常な代謝を促してくれます。

【βカロテンの含有量(100gあたり)】

青じそ…….11000μg

ニンジン……8600μg

ほうれん草…7600μg

かぼちゃ……5500μg

シソがトップクラスの含有量です。

では、ある程度効果効能が分かったところで、何にでも使える万能ソースをご紹介します。

万能ソース カンタンレシピ

【材料】

●シソ……………….70枚

●オリーブオイル…300㏄

●ゴマ………………大さじ6

●塩…………………小さじ2

●ニンニク…………2カケ

フードプロセッサーを用意し、適当にちぎったシソと、その他の材料を全て入れて、混ぜるだけです。

魚との相性がバツグンで、白身魚のホイル焼き・カルパッチョ・アヒージョ・パスタなど、様々な料理のソースとして活用できます。

ポイント除菌済みの容器に入れ、冷蔵庫で保管すれば2週間ほど日持ちします。

シソとオリーブオイルの相性

レシピでオリーブオイルを使ってますが、オリーブオイルにも効果があり、シソと組み合わせるととても相性がいいです。

●美肌効果

「クロロフィル」という色素成分があり、体内の毒素を排泄するデトックス効果があります。

●認知症予防効果

「オレオカンタール」という物質が含まれていて、アルツハイマーの原因となる脳の炎症を抑える働きがあります。

油の使い方を知りたい方は、こちらもどうぞ

油の使い方で天国と地獄!健康の手助けになる料理に適した油の使い方とは?
...

まとめ

今年は新型コロナの影響で、外食産業の需要がなくなり、ここ数か月は過去にないくらいシソの価格が安いそうです。

たまに1パックで売っているスーパーもあるので、まとめて買っても損は無いと思います。

余談ですが、シソと「大葉」は全く同じものですが、大葉という名前は商品名なので、正式名称は「シソ」です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする