財布のお金が減らない?キャッシュレス時代に財布を手放しスマホ兼用に!

スマホに手帳型ケースを付けるだけで、どんなに便利になるのでしょう・・・

どこへ行ってもスマホ決済が可能な時代に、財布を開くことなんて無かったはずなのに、ついつい持ち歩いてしまう・・・という方は今でもたくさん居るのではないでしょうか?

ショッピングモールへ行っても、外食に行っても、スーパーやコンビニでも、スマホ1台あれば何でも支払いはキャッシュレスな時代に、なぜ今でも財布を持たないという勇気が出ないのか・・・

いつからか、財布のお金が減らない・・・なんて気づいていながら長財布を持ち続けていませんか?

それは、なんとなく不安だから・・・

もしくは、持っているのが当たり前!という感覚なのでしょうか。

財布を手放して1週間、特に不自由を感じることはありませんでした。

この記事では、ウォレット売場の現状と、財布を持たないメリット・デメリット、今おススメの財布兼用スマホカバーについてご紹介します。

スポンサーリンク

キャッシュレス化が進む!ウォレット売場の現状

どこへ行っても、お金を払わないでスマホで決済できるようになりました。

ほとんどのお店でペイペイ、LINEペイ、d払い、メルペイが当たり前のように使え、現金の出番はありません。

ポイントカードも「LINEマイカード」などを利用すれば、主流のポイントカードはスマホ一つにまとめられます。

数年前から、長財布の需要は減り、コンパクト財布が主流になりました。

それも、あまり財布を使わなくなった人たちが、大きい財布は邪魔だと感じたことからの始まりでしょう。

ウォレット売場では、長財布が主要の売場からミニウォレット中心に変わり、現在ではスマホケースが中心にと変化しています。

スマホケースはユニセックスなデザインも多い為、スマホケースを付けなかった男性たちにも人気が出ています。

財布売場なのに、スマホケース!?と思いますが、今やスマートフォンは「おサイフケータイ」と言われている通り、お財布なのです。

財布を手放すメリット

私自身、ここ数ヶ月出かけていても財布を出す機会がありませんでした。

持っている理由があるとすれば、免許証の為だけでした。

長財布を持っているため、そこそこの大きいバックを持ち歩くことになるわけですが、本当はバックを持つのが大嫌いな性格なので、身軽に出かけたいのが本音です。

外食では、スマホ決済が出来なければ、カードを使うので、現金を持ち歩くメリットが何もありませんでした。

ただ、バックが重いだけ・・・

1週間、財布を持ち歩かないで外出した結果・・・

なんの問題もありませんでした。

・バックが軽い(なんなら、バックもいらない)

・貴重品が減った(スマホだけ大事に持ってればいい)

メリットしかありませんでした!

財布を手放すデメリット

あえて、デメリットを探すのであれば、昔ながらの居酒屋と、病院でしょうか。

意地でもペイペイを導入しない、昔ながらの店も多いです。

そして、病院はやはり現金がほとんどです。

一部の病院ではクレジット払いも出来る場所があるみたいですが、まだごく一部です。

デメリットと言ったら、そのくらいでしょうか。

おすすめ!財布兼用スマホカバー

カードが数枚入れられるケースさえあれば、全く問題はありません。

手帳型は、正直苦手な私ですが、1週間も持ち歩いていれば、自然と慣れました。

安さをもとめるなら・スタイリッシュに持ちたいなら・やっぱり現金も持ちたいなら!を考えて、オススメのスマホカバーをご紹介します。

とにかく安い!全機種対応 本革ケース

税込み870円と激安です!

全機種対応なので、どんな機種でも合わせることが出来るケースです。

カメラの位置は、購入時に機種を入力するので、それに合わせて発送をしてくれます。

購入してから、カメラの位置が合わない・・・なんて嫌な思いもしません。

17カラーから、お好みの色がきっと見つかるはずです。

スタイリッシュに持ちたい個性派本革ケース


税込み3,698円

こちらも、ほぼ全機種対応ケースですが、一部未対応のケースもあるかもしれません。

(サイトにて、対応機種をご確認ください。)

カメラの位置も機種に合わせたケースで、留め具など余計なものは一切付いてないシンプルなケースです。

厳選された本革を使ったこのケースは、スタイリッシュに持ちたい人にピッタリのケースです。

こちらは、6カラーとなります。

やっぱり現金も持ちたい!そんな方にはスマホウォレット


税込み17,820円

少し値は張りますが、とてもコンパクトなのに、お金もカードもスマホもスタイリッシュに持てるウォレットです。

もちろん、全機種対応です。

ストラップを外して2Wayスタイルが可能なので、シチュエーションに合わせて持つことが出来ます。

こちらは4カラーになります。

まとめ

キャッシュレスは、もう何年も前から使っていたのに、どうして早く財布を手放さなかったんだろうと、改めて考えます・・・。

もし、現金が必要な場合があったとしたら、その時はその時です。

財布が当り前の時代から、スマホが当たり前の時代に移り変わりましたが、次はどんな新しい時代がやってくるのか、楽しみですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする