オリーブオイルを使うなら産地によって使い分け!違いや適切な保存方法は?

オリーブオイルは料理はもちろん、健康のために飲んだりと、使用目的は様々なバラエティ豊富な油です。

基本的には、ほとんどの料理に使えると言われていますが、スーパーに行けば種類豊富なオリーブオイルが並んでいて、いったいどれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。

オリーブオイルはどれも同じと思っていても、料理によってベストなオリーブオイルがあります。

「日本人の3割しか知らないこと」で放送していた、お肉や魚に適したオリーブオイル・適切な保存方法についてご紹介します。

油の使い方で天国と地獄!健康の手助けになる料理に適した油の使い方とは?
...

スポンサーリンク

料理によって使い分けるオリーブオイルの産地

オリーブオイルの生産がもっとも多い国はスペインです。

その他、イタリア・トルコ・ギリシャなど数多くの国で、それぞれの気候やオリーブの品種によって、味や香り・風味が変わってきます。

また、オリーブは黄色っぽい色のものと、緑っぽい色と2種類の色があります。

オリーブオイルは、全て味わってみないと分からず、品種や種類によって大きく変わる物なので、黄色っぽい色や緑色のオリーブオイルは色によって識別できるものではありません。

産地によって変わるオリーブの品種は、料理によって使い分けることが素材を引き立たせ、美味しく仕上げることが出来ます。

肉料理


フレスコバルディ ラウデミオ エキストラバージン オリーブオイル

お肉料理に適したオリーブオイル

お肉×中部イタリア産のオリーブ

味わいが強く、コショウのようなパンチのあるオリーブオイル。

パンや魚とも相性がいいですが、油を感じさせないサラッとした味わいで、風味が濃いので肉の味付けにもなり減塩対策も出来ます。

ポイントお肉を焼く前に、オリーブオイルでお肉を浸すことで、柔らかさとジューシーさが出ます。

安いお肉ほど、ワンランクアップした充実感を得られると思います。

魚料理


アルドイノ エクストラヴァージン オリーブオイル フルクトゥス

魚料理に適したオリーブオイル

魚×フランス産のオリーブ

口に入れた瞬間に、横に広がるバターのような風味が特徴のオリーブオイル。

「フルクトゥス」とは、後味がフルーティーという特徴から名付けられ、マリネやサラダなど、そのままの風味を生かす料理に最適です。

ポイント帆立や白身魚でカルパッチョ風に仕上げると、素材が引き立った香り豊かな味わいを楽しめます。

和食料理


【ふるさと納税】100%長与町産エキストラバージンオリーブオイル

和食に合う、長与産スペシャルブレンドの高級オリーブオイル。

化粧箱入りで、通常9,000円超えのものですが、現在ネットショップでもふるさと納税でしかありませんでした。

実を採ってから、12時間以内に絞った新鮮なオリーブで、コクがあるのに強すぎない、爽やかな風味が和食にピッタリの味わいです。

ポイント色々なものに合わせられますが、冷ややっこ・お刺身など、和の食材にかけても相性がバツグンのオリーブです。

オリーブオイルが劣化しにくい保存方法

オリーブオイルの適した保存場所は「冷暗所」です。

キッチンの棚の中などに保存するのが一番適しています。

しかし、冷蔵庫では温度が低すぎて劣化しやすいので、冷蔵庫での保管はNGです!

スーパーでオリーブオイルがズラリと並んだ場所を見ると、黒っぽい容器に入っているのが多い印象ですが、それは光によって劣化させないための容器だからです。

プラスチック製は細かな光を受けてしまうので、出来るだけガラス瓶のオリーブオイルを選ぶのが良いです。

ポイント保管場所に冷暗所はもちろんですが、さらに本体をアルミホイルで包むことで、光を最大限に抑えることが出来るので、購入したらアルミホイルで全体を包むのが効果的です。

油について詳しくはこちら>>

油の使い方で天国と地獄!健康の手助けになる料理に適した油の使い方とは?
...

まとめ

オリーブは10月~2月頃が収穫の時期で、冬の終わり辺りが新鮮でおススメの購入時期と言われています。

食材によって、味わいと香りを楽しめるのがオリーブオイルの最大の特徴!

美容と健康にもいいオリーブオイル。

少し値段が高くても、お家時間が増えている今、料理に少し贅沢をプラスしても良いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする