メルカリで出品するために1回きりの満足感!?今コインランドリーが凄い!!

スポンサーリンク

1回きりの消費スタイル・ワンショット消費とは!?

ワンショット消費とは、1回きりの消費スタイル。

洋服を買う⇒写真を撮る⇒売る
この行動が若い世代では流行となっています。

メルカリなどで、この一連の流れが当たり前となっていて、メルカリには洋服がたくさんアップされていますが・・・

40代や50代の世代からしたら、『モノをもっと大切に』・・・『4.5年は着る』・・・と、もったいないという、世代間ギャップがある。

たったの1回で売ってしまう理由

洋服を買う場所はネットが主な購入場所となっている。

売ってしまう理由として

①サイズが合わない
やはり試着をしないで画面だけ見て購入していることにより、買って着てみたもののサイズが合わない。
1回だけ着て、写真を撮って、価格より500円~1,000円くらいの値下げで販売されている。

②自慢・優越感
レアなものを購入して、それを買って写真を撮りアップすることで自慢と優越感を得られる。

③満足
その名の通り、1回着て満足してしまう。

これらの理由が、ワンショット消費の理由となっている。

便利な時代で、もういいやと思ったらケータイで撮ってケータイで売る。
1台のケータイで、全て事足りてしまうのだから、すごいものです・・・。

コインランドリーはメルカリ用!?

一部のコインランドリーでは、撮影スポットが用意されている。
・照明
・ハンガー
・包装

全てが用意されていて、1回着て洗濯して、撮影して、出品して、包装して・・・
これが全てコインランドリーで済んでしまう。

包装材などは意外に厄介なもので、100均に透明の袋や少し大きめの袋などは売っているが、クリップポストサイズの段ボールや箱は買おうと思うとなかなか難しい・・・。

それが全て揃っているなら、利用する若者も多いいでしょう。

「TOSEI Laundry』というコインランドリーはこのサービスを始めて、人気が出ています。
やはり、撮影スポットは悩んでしまうものですよね・・・

布団をどかしてシーツの上で撮ったり、壁が白い所を探して撮ろうと思ってもハンガーがかけられなかったり・・・。
それが照明もあり、白い壁のスポットがあれば、写真映えも良くなります!

TOSEI直営店のコインランドリー
東中野店・川口並木店・平台店・・・
今のところ実施店舗は少ないが、今後拡大していくとのことです。

洋服のタグが重要

いくつかのブランドショップは、写真が撮りやすいように、タグを目立たせている!
洋服の首の後ろにあたるタグのことです。

やはり、買う側からしたらブランド名は重要!
写真を撮るときもタグをアップした写真が載っています。

めくらずに、タグを撮ることが出来る洋服の作り方・・・
アパレル業界も、色々考えています・・・。

サイズが合わないから、捨ててしまうとか、クローゼットの中に押し込まれている・・・なんて人もいるかもしれませんよね・・・。

1回着て満足して、満足したらあとは売るだけなのだから、もったいない・・・というよりは意外といいサイクルなのかもしれないですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする