BUYMA超・初心者!欠かせない地道な作業「仕入先の安全性」

スポンサーリンク

仕入先の安全性

今回は、仕入先の信頼度の確認になります。

いくつか仕入先を見つけたら、本物を取り扱ってるショップなのか、確認する必要があります。

偽物をBUYMAで販売すると、アカウント停止につながってしまうので、ここは念入りに確認しておきましょう!

そして仕入先は、見つけられるだけ見つけておきましょう!
あるだけ損ではありませんので!

BUYMA初心者、最初にやっておくべき地道な作業-仕入先リサーチ-
こちらも参考に!

①Alexa(アレクサ)

Amazonのアレクサを使ったランキングの確認になります。

アレクサでは、そのショップの世界ランキングを確認できるサイトになっていて、アクセスランキングをすることで、ある程度、本物を取り扱っているか確認することが出来ます。

Alexa(トップページ)

⇑クリックするとアレクサのトップページに入れます。

ここでは会員登録などは一切不要で、ショップの世界ランキングを確認することが出来ます。

こちらが、トップ画面になりますが、そのまま下にスクロールしてください。
そうすると、下のような画面になります⇓

この赤丸の枠の中のサーチ部分に、調べたいショップのURLをそのまま入力して、「見つける」をクリックします。

そうすると、上記のように色んなグラフ化されたものが出てきますが、ここで確認したいのは世界ランキングなので、赤丸の枠の中の順位を確認します。

30万位くらいまでは大丈夫かと思いますが、初心者なのでここは慎重に・・・

世界ランキング20万位までが優良店として認識しておいていいかと思います。

それよりも順位が下のようであれば、そのサイトは一旦、置いておきましょう・・・。

②ショップの詳細確認

アレクサの確認が済んだら、次はショップの詳細確認です。

・メールアドレスのチェック
フリーアドレスではなく、独自ドメインが優良

・住所確認
架空の可能性もある為、Googleマップで確認

・SNS
SNSリンクを押しても飛ばない、まったく関係ないサイトに飛んだらNG!

更に、ショップのURLを確認しましょう!

偽物サイトの多くは、URLが怪しかったりします。
・outlet
・sale
・clearance

などの文言が入ってると怪しいです。

まとめ

上記①②は面倒ですが、必ず両方確認してもらって、仕入先を限定していきましょう!

出品する同じ商品を取り扱っているサイトは複数、用意しておいたほうがいいでしょう!

在庫切れや価格変更などに備えておきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする