ブエノチキン!沖縄県民の人気テイクアウト店、作り方とお取り寄せ!

スポンサーリンク

ケンミンショー沖縄県民熱愛グルメ!ブエノチキン!

沖縄で大人気の『ブエノチキン』!

沖縄と言えば、ゴーヤ、沖縄そば、アグー豚など想像するが、今まで聞いたことが無い名前のグルメです!

鶏を丸々一羽、ニンニクと一緒に焼く絶品グルメ!

店の名前が、そのまま『ブエノチキン』といい、1羽1,700円で販売しているブエノチキンですが、テイクアウト専門店だという!
元々は、アルゼンチンの料理だそうだが、昭和48年に沖縄に広まったという!

カレーの匂いがたまらない!ケンミンショー大絶賛の元祖半身唐揚げは取り寄せ売切れ?
...

ブエノチキンの作り方!

ニンニクが無いと、ただのチキンだというが・・・

醤油ベースのタレに粗みじん切りのニンニクをたっぷり!
それをミツカン酢と一緒に漬け込む。

やんばる若鳥をそのタレに漬け込んで一晩寝かす。
お酢と一緒に漬け込むことで、ニンニクの臭みと鶏を柔らかくする効果があるという!

一晩寝かせたやんばる若鳥にオレガノを擦り込み、若鳥のお腹に大量のニンニクを詰める!

さらに一晩寝かせて、計2日間じっくり寝かせる。

オーブンでじっくり焼いて、大胆に真ん中から若鳥を切ると、大量のニンニクが若鳥の肉汁と一緒に溢れ出す・・・

中にもニンニク!外にもニンニク!とにかくニンニク!!

ニンニクにも若鳥の味しみ込んで・・・
若鳥にもニンニクの味がしみ込んで・・・

めちゃめちゃうまい!!

らしいです・・・

大量のニンニクはお酢で漬け込むことにより、臭みがなく、まるで芋のような感覚で食べてしまうという!

画像で観る限り、本当にすごい量のニンニクだが、ニンニクは多すぎず、この若鳥一羽にちょうどいい量のニンニクだそうです!!

ブエノチキンをアレンジして絶品グルメ

余ったブエノチキンは、身をほぐし炒めたご飯に混ぜてそのまま一緒に炒める!

さらに、残っているニンニクも一緒に入れて食べると『激旨ブエノチキンチャーハン』の完成です!

翌日にこのチャーハンが出てきたら、たまらないです・・・!!

そのままご飯にかけても美味しい!

さらに、スープ!
ニンニクと若鳥のダシが効いていて、少し野菜を一緒に入れるだけで『絶品ブエノチキンスープ』!!

何にでもアレンジできそうなブエノチキンです!

ブエノチキンお取り寄せ

ブエノチキン浦添のブエノチキン専門店がWebにありました!!
冷蔵で届き、届いたらレンジかオーブンで温めるだけという簡単さ!

ブエノチキン浦添店(公式ホームページ)参考にどうぞ!

おそらく、Amazonや楽天では販売していないでしょう!

いろんなところで紹介されて、配送も遅れているそうです・・・
やばい人気店ですね・・・

まとめ

数少ないネット販売で注文が殺到していたら、早く手に入れることは難しそうですね・・・
沖縄県ということもあり、なかなか行けない・・・。

気長に待つしかなさそうですね・・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする