2019夏ドラマ 韓流リメイク作品『TWO WEEKS』はどんな展開で表現されるのか!?

スポンサーリンク

『TWO WEEKS』三浦春馬主演

『TWO WEEKS』三浦春馬主演
2013年イ・ジュンギ主演の韓国ドラマが日本リメイク作品で登場する!



日本のリメイク作品、出演者は
三浦 春馬、芳根京子で演じられる。
2019年7月 フジテレビ 火曜9:00~スタート!

韓国ドラマ『TWO WEEKS』

原作は2013年に韓国で放送。
初回視聴率は7.5%
最終視聴率は11.0%となっている。

出演者は豪華キャスト
イ・ジュンギ、パク・ハソン、リュ・スヨン、キム・ソヨン、ソン・ジェリム

あらすじ

人生を捨てた男、結城 大地が過去に本当に愛していた女性と再会する。
別れた後に自分の娘を産んでいた事実を初めて聞かされた。

娘の名前は「はな」。自分の娘が白血病で入院していることを告げられる。
骨髄移植のためのドナーを頼まれ、検査を受けたところ見事に適合した。

父親として少しずつ自覚を持ち始めた時、何者かにはめられ殺人事件の容疑者として逮捕されてしまう。

2週間後に娘「はな」の移植手術をするため、結城は決死の逃走劇を繰り広げる。

警察・検察・政治家・闇の組織との複雑な絡み合いが繰り広げられる。
タイムリミットは2週間!結城は娘の命を救うことが出来るのか!?

リメイク作品

リメイク作品といえば
2018年10月 アメリカで話題となった「スーツ」が織田裕二主演で放送された。


韓国ドラマのリメイク作品は日本では非常に多く、同じく2019年7月 テレビ朝日にて『サインー法医学者 柚木貴志の事件ー』、これもリメイク作品だ。

・『グッド・ドクター』山崎賢人 上野樹里
アメリカに続き、日本でも2018年7月放送でリメイク作品となった人気の韓国ドラマ

・『シグナル』坂口健太郎 北村一輝
2018年4月から放送されたリメイク作品『シグナル』
これは、韓国ドラマと全く同じ内容だったと言えるだろう。

・『ごめん、愛してる』長瀬智也 吉岡里帆
2017年7月放送された作品で、大まかなストーリーは同じだが、原作は15年ほど前のものだったからか、内容は異なる部分が多かったと感じる作品だ。

このように、多くのリメイク作品が他にもまだまだ存在する。

アメリカ版や韓国版を観たことが無い人は、十分楽しめただろうが、実際は観てる人からしたら物足りないと感じる人も多いのかもしれない。

やはり全く同じ内容でリメイクするよりは、多少異なる部分を取り入れたほうが、また違う面白さを引き出せるのではないかと、自分自身はそう感じてしまう。

しかし、人気作品だからこそリメイクされている。
原作とリメイク作品の違いを見つけるのも、また楽しいだろう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする